gwwheart

 健美豊和とは、心身ともに健康で美しく、豊かで調和した、至福に充ち満ちた状態の事です。私たちは、人々がいつもそのような状態にいられるような世界の建設を目指しています。
私達には、幸せになりたいという根本的な本能があると共に、健康や幸せをつくることができる能力を持っています。多くの人たちが協力し合うことによって、一人の持つ能力を百万倍にすることもできるのです。
利他愛をもっと育て、より良き世界づくりの為に貢献したいと思います。



 人間は、良い夢を持つと一瞬にして輝きだします。それは、人体には夢を達成するための「夢達成ホルモン」が脳から分泌されるからです。
とても手の届かない、はかない夢。目を覚ませばシャボン玉のように、弾けて消えて現実に戻ってしまうのが、一般的な夢かもしれません。そんな夢を現実にする為に、先ずは、貴方が描く夢を具体的且つ明確に、情熱の持てるものにして、夢の達成をとことん応援させていただくことが、私たちの役割です。
脳の喜びは創造(夢達成)にあります。脳の喜びは自己の喜びです。どんなに優れた創造力を持っていても、使用しないと退化します。ずっと歩かないでいると歩けなくなるのと同じです。創造力を意識的に使えば使うほど、鍛錬され、創造(想像)力は育成され、たくましくなって力を発揮できるように進化します。意欲ある人の夢(想い)は素晴らしいですね。必ず夢は実現するでしょう。夢には創造のエナジーがあって、勝手に働き出してくれるからです。慣れない運動をすると筋肉痛を起こしますが、その痛みによって、成長ホルモンが出るし、体内の血流もよくなり、筋肉も付き、上手に運動が出来るようになります。独立も同じです。慣れない事を始めると、当初は何かと痛みや不都合を感じ、壁にぶつかるものです。しかし、夢の達成の為のアイデアが、その痛みの中からあふれ出てくるのです。


65 「健美豊和な世界の建設」に於いて、真に健幸な人たちの住む社会づくりには教育が必要であり、欠かすことの出来ない重要な事項です。付属の幼稚園や小学校・中学校・高校・大学の建設をし、心身両面の真の健康と「健美豊和」な人生や自然治癒医学の普及活動を通して、より良き医療社会づくりに貢献して行きたいと思っています。
総合学園は、深い緑の森、清らかな川の流れ、太陽の光がさんさんと降り注ぐ癒しのエネルギーの高い場所に造られ、自然界が織りなす音・香りに触れることができます。
建設物・内装・器具から庭木に至るまで、高い芸術性と統一感のある色彩で安心と調和を演出し、自然との一体感を大事にします。自然農法による菜園、自発的なサークル活動、ボランティア活動を積極的に支援し、健康の要因である意識や技術を高める方法を楽しく学ぶことができます。


 草津の中心街・湯畑よりわずか約1.5km離れた場所に位置する4万坪の癒しの地(イヤシロチ)「真癒の森」は、草津でも珍しく自然がそのまま残っている地域です(「かんぽの宿」隣)。真癒の森は、長年の間、原生林としての生態系が保たれ、深さ2mほどの黒土と緑で一面が覆われたエネルギースポット。水温8℃のミネラルウォーターが湧き出しています。
自然が与えてくれたこのイヤシロチの森を、そのままできる限り活かし、自然治癒総合病院建設を目指しています。緑深い森、清らかな流れ、太陽の光がさんさんとふりそそぐ癒しエネルギーの高い場所につくられ、そこでは自然が織りなす音、森林浴、自然界が解き放つ癒しの香りに包まれることができます。建築物・内装・器具から庭木一本にいたるまで、高い芸術性と統一感のある色彩で安心と調和を演出し、自然との一体感を大事にします。
エゴではなく利他の愛を、義務ではなく熱い情熱を持つ人々によって、支えられ運営されるまったく新しいシステムの総合病院です。他動的に治療を受けるだけでなく、自創式総合自然療法を身に付けていただき、自助の精神で、家庭生活の中で自らが健康をつくれる訓練をしていただくと共に、周りの人たちの健康に尽力貢献しあう、そんな総合病院。癒しの波動があふれ伝わってきます。自然農法による菜園、自発的なサークル活動、ボランティア活動を積極的に支援し、健康の要因である意識や技術を高める方法を楽しく学びながら治療を受けることができます。
また、「健美豊和な世界の建設」に於いて、真に健幸な人たちの住む社会づくりには教育が必要であり、欠かすことの出来ない重要を事項です。附属の幼稚園や小学校・中学校・高校・大学の建設を通して、心身両面の真の健康と「健美豊和」な人生や自然治癒医学の普段の普及を通して、より良き医療社会づくりに貢献して行きたいと思っています。

 ご存知でしたか? あなたの身体は、たった10ヶ月の間にあなたが自らつくりました。あなたには、身体をつくる能力が元々備わっているのです。例えば、羊の乳腺の細胞にストレスを与えて(ストレスを与えると人体をつくるDNAの能力がONとなります)培養すると、同じDNA(遺伝子)を持った子羊が生まれました。
私たちの身体も、胎内の1個の細胞から10月10日(とつきとうか)でつくられました。何が言いたいのかといいますと、「つくる能力のある者は、直(治)す能力を必ず持っている」ということです。奇跡としか思えない「病の完治」がたくさん報道されていますが、それ以上の「自然治癒力」が誰にも備わっているのです。


 私は70年の間、一切薬を服用したことがありません。一度、中耳炎のため耳鼻科で3ヶ月ほど診察を受けましたが、この時も服用された薬は一切服用せずに治りました。「手術をしなければ治らない」と医師から告げられましたが、手術をしなくても治りました(私自身の体験なので、他の人におすすめできることではありませんが・・・)。
歯の治療も今のところ40数年一度も行っていません。「何故か」といいますと、必要ないからです。「自然治癒力」の普及を始めて50年以上が経ちましたが、この間の多くの人たちの体験を通して、病苦のない、より良き社会をつくるための「近未来施設」をこれからつくりたいと思っています。




 60秒間の運動(1M Exercise)を行うことで、成長ホルモンが非常に早く、効率よく抽出されることが分かってきました(ジョギングでは20分ほどかかる)。成長ホルモンは大きく分けて2つの効果があります。
1つは新陳代謝を活発にして全身の細胞を若返らせる効果です。それによって身体全体の筋肉が増加し、ミトコンドリアが増多活発化するために基礎体温がアップします。
2つには、成長ホルモンは身体全体の脂肪を燃焼させ、体重を減らし、体型を若返らせます。

▲topに戻る