食は優れた健康法
  1. トップ»
  2. 玄米菜食

美食をやめる

トロン真癒医学養生院では玄米菜食を実践しています。西洋医学でも生活習慣病等の人用の食事療法を推奨していますが、真癒医学の食事療法とは多少違いがあります。 カロリー制限や栄養バランスも大事ですが、それにプラスして腸の状態や血液、血流、さらには生命エネルギーの強化まで考えた食の質的内容を重視する必要があります。簡単に言えば「美食をやめる」ことです。糖尿病や高血圧等の生活習慣病は、急速に豊かになった食環境の副産物であると言えます。治療には、原因である美食をやめ、昔からの本来あるべき通常の食事を実践すればいいのです。 「玄米菜食」は、3大栄養素である「炭水化物・脂肪・タンパク質」を充分に摂取することができます。さらに、ミネラルやビタミン、繊維質、生命エネルギーなど、人体が必要とする栄養類を全て含んでいるのです。

玄米菜食を始めて最初に実感できる効果として、便秘解消があげられます。腸壁を刺激して宿便を取り除いてくれます。また、善玉菌を増やし。酵素を激増させ腸に働きかけて解毒、消化、吸収を活発にしてきれいな血液を造り血行を良くします。血行が良くなると身体の解毒作用や体質が根本的に改善され、健康回復や真の健康状態を保つことが出来るのです。

玄米菜食は安くて簡単でおいしい

薬は草かんむりに楽しむと書くように、本来は「草を楽しみ楽になる」もののことです。「草」とは野菜のことです。自然のままの野菜には、抗ガン効果のある物質があり、また、便通や利尿を促進し、血液を元気にサラサラにする働きを持った食材が多いのです。動脈硬化をはじめ生活習慣病や慢性疾患を治癒させ、体質を根本的に改善させてくれる働きがあるのです。

このように、「玄米菜食」はおいしくて栄養満点、安価で簡単な食事方法です。生活習慣病やガン、膵臓や肝臓、腎臓その他の五臓六腑の疾病やアトピー性鼻炎、ぜんそくなどのアレルギー性疾患、メタボや認知症、老化、腰痛、高血圧、不眠症、自律神経失調症等、多くの疾病に効果があります。

メイソンジャーサラダ

おいしく食べられて消化吸収もいい「酵素玄米」

玄米は、様々な栄養素が詰まった優良食材です。その栄養素は、「ぬか」の部分に含まれます。その「ぬか」を取り除いたのが白米ですから、「米の白いところ」=「粕」。つまり白米は豊富な栄養部分をそっくり取り除いてしまった、文字通り「粕(カス)」なのです。米は玄米のまま食べないと折角の栄養分が台無しになってしまいます。

しかし残念なことにこの「ぬか」の存在が、「玄米は固くておいしくない」「消化が悪い」「ぼそぼそする」といわれる所以です。「長所は短所」というわけです。ところが「酵素玄米」なら、何日も保温することによって柔らかく変化するので、美味しく食べられる上、体内での消化吸収も良くなります。玄米の短所をカバーして長所を最大限に生かす、申し分のない健康食と言えるでしょう。

名古屋市立大学教授渡仲三

back